キャリアビジョン

career

キャリアビジョンとは Vision

自分の人生や仕事においてどうなりたいかを指し示す事です。自分将来を考えた時にどのような人生を歩みたいのか、どのくらいの生活水準で生活したいのか、キャリアビジョンを持つことが重要です。会社に入社し、やりたい事が出来る人とそうではない人では、仕事に対する姿勢も変わり、パフォーマンスも大きく変わってきます。10年後、15年後のなりたい自分をイメージして、ビジョンを明確にすることで、今何をするべきか、どう成長していけばいいのかが見えて来ます。

キャリアビジョンとは キャリアビジョンとは

見習い

教育担当者と共に研修しながら作業を行うので、未経験でも心配ありません。徐々にいろんな作業に慣れて下さい。いろんな事に興味を持ち、なんでそうするのか分からない事は先輩方に質問をしましょう。人よりも多くの情報を知る事がキャリアアップの近道になります。

見習い

作業員

見習いでの経験を活かし、慣れた作業はもっと効率良い作業方法、手順を考えましょう。ただし、確実に安全に作業をする事を念頭に置いてください。どの作業も安全に作業をする事が第一条件です。また連絡、報告、相談は上司への鉄則です。

作業員

副長

経験を活かし、各作業員の作業手順や作業配置等全体的に指示や、もう少しこうやると安全で尚且つ効率が良い方法などを作業員にアドバイスしてあげましょう。また、作業現場は日々変化します。現地での各社との調整やあらゆる状況に柔軟に対応出来る様、日頃から現地の状況を把握しときましょう。

副長

職長

自分の作業員が安全に作業が出来るように職員や各業者との打合せや調整をします。また、作業員が困らないように事前に手配や段取り、現地確認を確実に行います。また、各業者とのコミュニケーションも大切です。現場は助け合い、譲り合いの心を大切にしてください。作業員の体調管理やキャリアアップへの助言もしてあげましょう。

上級職長

職長経験が5年以上の優秀な職長で登録基幹技能者と同等の技能を持つ者。ゼネコンが開催している上級職長教育の講習を受けられます。

上級職長

マイスター

工事に貢献が大きい優秀な職長。
技術者と施工のキーマンである職長の中で登録基幹技能者等の保有資格を考慮し、特に優秀な者を認定(現場所長推薦が必要)

マイスター